Welcome to THE SEIICHI NAKAMURA ROLFING®︎!

ロルフィング®︎(ROLFING®︎ Structural Integration)は、アメリカの生化学者アイダ・ P・ロルフ博士(Dr. Ida P. Rolf)によって考案されたボディワークです。この技法は、全10回のセッションを通して全身のファシア(筋膜)をチューニング&トリートメント。

人間の身体構造に、重力に対する理想的なバランスと拡張をもたらします。

カラダを駆け抜ける『重力』のチカラで、どこまでも快適に!

​ロルフィングは、治療ではなく、重力を使用するための準備をします。

これは、人間を重力と関連付けるための準備です。

ロルフィングの方針は、人間と重力の関係を創り出すことです。

Before Session 1
After Session 10
Before Session 1
After Session 10

ロルフ博士が定義した理想的な垂直姿勢とは、頭頂から足下までの垂直線(重力線)上に、耳(外耳道入口)、肩(上腕骨頭)、腰骨(大腿骨頭)、膝関節、足首外果(腓骨前部)が揃った状態を指します【左画像(After Session 10)参照】。この状態が、いわゆる『重力と調和した身体(姿勢)』。このように身体各部のアライメントが整うことでスムーズに重力エネルギーが流れ、重力(Gravity)を介して生まれる接地面からの反力(Ground Reaction Force)を効率的に活かせるようになることで、ロルフィングの醍醐味の一つである二方向性の感覚(身体が上昇するような軽快感と大地に根差したような安定感)が発現します。

ロルフィングは本来、怪我や病気などの特定の症状に対する治療を目的としませんが、ファシア(筋膜)を重力との関係性を重視しながら整えることで得られる効果は多岐に渡り、人間本来の美しい姿勢と動作の獲得はもちろん、慢性的な腰痛や肩こりなどの改善、ダイエットやメンタル面へのポジティブな影響も期待できます。​

重力バランスが整った理想的な姿勢は、人間の活動の基本である、立つこと・歩くことへの快適さに繋がり、さらにその先の健康的な日常生活全般へと繋がります。

Before Session 1
After Session 10
​Before Session 1
After Session 10

ロルフィングは、以下のような方に強くオススメします!

​正確な身体のバランス、美しい姿勢・動作、柔軟性を身に付けたい方に。

慢性的な痛みや疲れ・ストレスを感じない、快適な身体づくりを目指す方に。

アスリートやアーティストのパフォーマンスアップとコンディショニングの補助に。

マッサージや整体などでは満足できない、より高いレベルの身体アプローチをお探しの方に。

​心と身体のバランスを改善向上させたいと願う方に。

​etc.