Dr. Ida P. Rolf
創始者アイダ・P・ロルフ博士
IDA_ROLF_1.jpeg
​Dr. Ida P. Rolf
The Mother of Structural Integration

ロルフィング®︎の創始者アイダ・P・ロルフ博士(May 19, 1896 - March 19, 1979)は、ニューヨーク・ブロンクス出身。1916年にバーナード・カレッジを卒業。1920年にコロンビア大学医学部から生化学の博士号を授与され、かつて細菌学者の野口英世博士も研究の拠点としていたロックフェラー研究所に勤務していた才媛です。

ロルフ博士が考案した技法の正式名称は「ストラクチュラル・インテグレーション(Structural Integration = 身体の構造的統合)」。全身のファシア(筋膜)に働きかけて身体構造を統合するという画期的な技法は、それまでの伝統医学による治療法に懐疑的だった人々から絶大な支持を集め、ロルフ博士の名前にちなみ「ロルフィング」と呼ばれるようになりました。

ロルフ博士の遺した最大の功績、それは、ファシア(筋膜)に対するボディワークの有用性を人類で一番最初に提唱したことでしょう。過去・現在を含め、ファシアを注視している殆ど全ての療法が、ロルフィングに根拠を置いていると言っても過言ではありません。

"We can now define rolfing: it is a system of organizing the body so that the body is substantially vertical and substantially balanced around a vertical, in order to allow the body to accept support from the gravitational energy."  

- Dr. Ida P. Rolf - Healing Arts Center 1975

ロルフィングは、次のように定義できます。ロルフィングとは、身体が実質上垂直になり、そして垂直線を基準にバランスされるように身体を整えるシステムのことであり、これによって身体は、重力エネルギーからのサポートを受け入れることができるようになります。- Dr. Ida P. Rolf - Healing Arts Center 1975